鷹取駅の今井歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
お問い合わせ・ご相談はお気軽に

〒654-0024 神戸市須磨区大田町7-3-1

TEL:078-732-1277

神戸市東須磨区の歯科、今井歯科クリニック。予防歯科、矯正歯科、入れ歯治療、歯科金属アレルギー、審美歯科に対応。

一般歯科

鷹取駅の今井歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
求人案内 リンク集 問診表 ダウンロード
MOBILE SITE
クレジットカードの案内

今井歯科クリニックでは、
各種クレジットカードがご利用頂けます。

ホーム»  一般歯科

虫歯治療

虫歯は口の中にある「細菌」「歯の質」「糖質」の3つが主な原因であり、時間の経過と共に発症します。
虫歯は通常C1~C4に分類され、酷くなるにつれ、歯を失う原因となります。
少しでも「虫歯かな?」と気になった時は当院へご相談ください。

虫歯の進行具合

【C1】

歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症となり、腫れを起こします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

PageTop